状況がやや複雑になる差し押さえ時の配偶者への車売却

状況がやや複雑になる差し押さえ時の配偶者への車売却

人々が車を売却するのは、必ず理由があります。全く理由もないのに、車を売却する事はほぼあり得ませんね。
多くの場合は転勤や車の買い替えなどが関係しています。しかしそれだけではなく、もう少し複雑な事情が絡んでいる事もあるのです。
債務整理ですね。

 

人によっては、差し押さえが発生している事もあります。色々と借金の問題などがあって、財産の差し押さえが発生するケースもたまにある訳ですね。いわゆる自己破産などが、それに該当します。

 

差し押さえになりますと、財産の一部が処分されてしまいます。その中には、車も含まれてくる事があるのです。つまり現在の自分の借金を何とかする為に、車という財産を差し押さえなければならないケースも中にはある訳ですね。

 

このような時には、人々はしばしば車の売却を行っていると言われています。つまり差し押さえが発生する前に、誰かに車を売却してしまう訳ですね。
では誰に売却するかというと、その候補の1つが配偶者だそうです。つまり働いている男性サラリーマンが、配偶者である奥様に車を売却するようなパターンです。事例はあまり多くありませんが、たまにそのような売却パターンもあるそうなのです。

 

そのような車売却の場合、ちょっと色々と事情が複雑になってくるようですね。車の売却に関わる色々と複雑な質問が行われますので、車買取の業者に売るよりもちょっと手間がかかる一面もあるようです。

 

ちなみに車の名義変更をするのではなく、あくまでも売却をするのがポイントだそうです。名義変更をしてしまいますと色々問題がありますので、敢えて奥様に車を売却している訳ですね。
アルファード 買取

 

このように車売却には、しばしば差し押さえの問題などが絡んでくる事もある訳です。もっとも事例は非常に少ないとは思います。